初心者のための妊娠ガイド

MENU

気を楽にして妊娠を待ちましょう

妊娠とは科学的だか生物学的に考えると、受精する確率はとても低く、排卵日に子作りをしても妊娠する可能性は20〜25%と言われているそうです。
そんな中赤ちゃんに恵まれるということは、とても幸せな事ですね。

 

でも、実は私はあまり子供に興味がなく、子供は積極的には作っていませんでした。
だから、初めて妊娠した時はとても驚いてボーっとしてしまい、産婦人科の先生から「嬉しくないんですか?」と聞かれた程でした。
正直出産のことを考えると恐ろしいという気持ちも少しあり、素直に大喜びする気持ちはありませんでした。

 

でも、母親学級に通ったり、ラマ―ズ法の練習をしているうちに出産が楽しみになってきました。
無事に第一子を産んだ時は、「私にも産めるのだ」と満足感で本当に胸が膨らむ思いでした。

 

第2子はそろそろ次の子を、と考えたらすぐ出来ました。
最後の第3子は、また気付いたら妊娠していました。
子供は作らないかも、などと言っていたので神様が私にたっぷり子育てするようにと、3人の子を遣わせたのかもしれません。

 

妊娠しなくて悩む方は本当にお気の毒ですが、私の周りにも、なかなか赤ちゃんに恵まれなかった知り合いが、自然に任せていたら諦めていた頃に妊娠したという例は2,3例知っています。
母親が精神的に安定していた方が良いのか、あまり焦ったり悲しんだりするのが良くないようです。
どちらかに問題があるなら病院で治療が必要ですが、そうでなければ「早くおいで〜」とのんびり妊娠するのを待っている方が良いのかもしれません。